株式取引で売るかどうか困った時に逆指値を活用

投稿者: |

株式取引の基本は、株価が安いタイミングで買って、高く売る事です。多くの方々は、後者の売るタイミングで悩んでいる傾向があります。新規で株を買うよりも、むしろ売るタイミングの方が難しいという声も多いです。

株を売るかどうかの判断が難しい局面

株を買ったのであれば、いずれは売却しなければなりません。売却しない事には、肝心の利益も発生しないでしょう。しかし実際に売買してみると、売り時は非常に難しいと感じられる事があります。
例えばある時の株価は5,000円だったとします。比較的安い価格なので、とりあえず買い注文しました。
そして時間がしばらく経過したところ、株価は6,000円になりました。今後も株価は上昇する可能性はあるものの、それも不透明な状況です。株価が下がってしまう可能性もあります。
この6,000円のような状況になると、迷ってしまうケースが多いです。今すぐに株を売却してしまいますと、かえって利益額が限定される可能性もあります。
確かに今すぐに売却すれば、1,000円分の利益は生じるのです。それを考慮すれば、売ってみるのも悪くはないでしょう。ですが勢いがある時には、株価はさらに上昇していく事も珍しくありません。6,000円どころか、8,000円などに上昇する可能性もあるでしょう。
ですから6,000円で売るのは、少々勿体ない一面もあるのです。しかし下落する可能性もゼロではないので、少々悩ましい局面ではあります。

逆指値を使って売ってみる

ところで株式取引をある程度経験した方は、逆指値を活用している事も多いです。上記のような状況になった時は、5,200円などに逆指値を入れてみる方法もあります。その後に株価が上昇した時でも、逆指値を変更するのです。
もちろん株価が5,200円に下がってしまえば、200円程度の利益は発生するでしょう。しかし、少なくとも損失は発生しません。200円の利益は保証されるのです。
では株価が上昇した時はどうすれば良いかというと、逆指値を引き上げる方があります。もしも株価が6,500円になった時には、逆指値は5,700円に変更するのです。株価が7,000円になった時は、6,200円に変更します。
このように上昇トレンドに応じて逆指値を調整する方法は、トレーリングストップと表現される事もあります。上昇トレンドを追跡しつつ、下落のリスクも低く抑える事ができるのです。状況に応じて、活用してみると良いでしょう。