株式投資を始めるタイミング

投稿者: |

貯蓄から投資へと叫ばれてかなり時間が経ちます。もちろん株式投資を行うにあたって国も税制優遇が盛んに整備され、実際の投資に当たっても100株単位で購入できたりインターネット証券を利用すれば手数料が格安になったりと非常に株式投資に取り組みやすい環境になっている事は言うまでもありません。しかしながら実際に株式投資を始めるにあたってはどのようなタイミングが適しているのか具体的にライフステージに上げていきたいと思います。
まずはなんといっても投資に適した資産を持ち合わせていることが1番のポイントになります。実際に100株単位で投資ができると言っても自分自身のライフステージに影響があるような資金に気をつけることが非常に難しいと思いますし、リスクが伴います。ですから社会人になって自分自身の生活が安定するまでは少し控えた方が良いかと思います。貯蓄から投資へ向かう前に貯蓄、さらに保険といった基盤を整えてからの方が良いでしょう。
そして、ライフステージを考えた場合に結婚、子育て、老後を考えて資金に余裕があることが前提になりますが年齢的には40歳を境に少しずつ投資にも目を向けるべきだと思います。資産運用をこのタイミングでスタートしないと定年後の生活に影響が出てくるからです。年金だけではなく毎月のある程度の収入を考えた場合には、自らの資産運用で得た資金がなければ非常に苦しいのが今の日本の社会の仕組みになっています。
そして何より重要なのは自分自身のライフプランやマネープランを見直したり組み立てることになります。実際に投資を行うにあたっての自分自身の生活に支障を与えるような子資産に力をつけるのが1番まずいことです。ですから結婚、出産、住宅ローンなどを考えた上で余裕がある資金がいつのタイミングでいくらあるか、不測の事態にはいつらぐらい必要になるのかをきちんとシミュレーションしておく必要があります。もちろんこれにあたっては客観的な目でファイナンシャルプランナーなどにチェックしてもらうことも良いと思います。
結果、自分自身が投資に回すことができる資産をどれだけ持っているか、いつのタイミングなら使えるかを明確にする必要があるのです。もちろん日々これは変わっていくので数年ごとに見直すことも重要になってくるでしょう。結果として自分自身が株式投資で資産運用を行うことができれば問題なかろうかと思います。もちろん早いタイミングに越した事はありません。