FXの初心者が間違いやすい用語

投稿者: |

FXは為替取引ですので、円高と円安の仕組みを知る必要があります。いろんな通貨がありますが、円高、円安というのは外貨に対する円の価値を表すものです。今、1本1ドルのバナナを買う場合を例にしたいと思います。この時に為替のレートが1ドル100円だとしますと、100円で1本のバナナが買えます。為替のレートが1ドル110円の場合は、110円出さないとバナナを1本買えないのです。つまり、ドルに対して円の価値が下がった、価値が安くなった、円安になったと言います。逆に、1ドル90円になった場合は、90円だけ出せばバナナを1本買うことが出来ます。ドルに対して円の価値が上がった、価値が高くなった、円高になったと言います。FXを始められたばかりの人たちは、この円高、円安を逆に認識している事が多いです。よく理解して世界経済のニュースを見て欲しいと思います。為替はドル以外にもユーロドルやポンドドル、オーストラリアドルなど様々な通貨ペアがあります。あの通貨に対して高いとか、この通貨に対して安くなってきたとか、把握するのがややこしい状態になりやすいです。簡単に把握するコツは、為替を株のように一つの金融商品としてとらえることが良いです。FXで儲けが出るのは、安く買って高く売る、または、高く売って安く買うです。円高や円安を考えずに数値の増減で判断するだけでも充分把握できていると言えます。チャートを見て視覚的に動きを把握するのも良い方法の一つです。FXを始めた方が疑問に思う事に、どうしてFXは売りから注文を出せるのか?とか、円をFXの会社に預けて、ポンドドルとか取引できるのか?です。この疑問は何年もFXをされている方でも理解できていない事が少なくないです。FXは直接ポンドやドルを売買せずに、売買で発生した差額だけが口座に反映されるからです。これを差金決済と言います。FXの特徴の一つにレバレッジがあります。レバレッジをかければ、FX会社に預けたお金よりも、たくさんの金額の取引が出来ます。以前は、50倍や100倍のレバレッジをかける事が出来ていましたが、大損する人が大勢出るなどの理由で、現在は25倍までとなっています。100万円のお金を元手にFXをする場合ですと、通常の現物取引ですと、100万円しか使う事ができません。しかし、レバレッジをきかせる事ができますので、最大25倍の2500万円分まで取引が可能です。