自動的にビットコインを貯められるCoincheck

投稿者: |

仮想通貨取引所の最大手である「Coincheck」が、「Coincheckつみたて」というサービスの提供を開始しました。Coincheckつみたてとはその名の通り、毎月一定額を自動的に積み立てられ、継続的に仮想通貨の投資ができるサービスです。仮想通貨の経験の浅いと、購入するタイミングが分からないものですが、そんな人でも入金から購入まで全て自動で処理されるため、安定して投資ができます。

●積立内容と利用方法 Coincheckつみたては毎月1万円~10万円の範囲で、1,000円単位で積立額の設定ができます。口座振替及び積立サービスの手数料は無料で、指定した銀行の口座から毎月27日に積立額が引落とされます。なお、銀行の口座の残高不足で引落しができなかった場合、再引落しは行われません。 CoincheckつみたてはCoincheckの登録者なら誰でも利用できます。利用方法はマイページにある「Coincheckつみたて」の専用ページを開き、「申し込み」をクリックします。金融機関のページに遷移するので、引落し銀行の口座登録と定期積立金額の設定をすれば完了です。

●ドルコスト平均法による自動積立 Coincheckつみたては、一定の期間に一定の金額でビットコインを購入します。つまり、「ドルコスト平均法」に基づいた購入手法になります。このドルコスト平均法は投資リスクを低減化できるという効果があります。

●ドルコスト平均法のメリット ドルコスト平均法には以下のメリットが挙げられます。

1.保有するコインの平均単価の引き下げ ドルコスト平均法は一定の金額でビットコインを購入するため、ビットコインの価格の高騰時は購入数量が少なくなり、下落時には多くなります。従って、必然的に平均単価が下がります。 例えば、分かりやすく平均単価1,000円のビットコインを50枚(総額5万円)持っていた時に、毎月1万円を積立てるとします。すると、ビットコインの価格によって以下の購入結果になります(購入総額3万円)。

・1月2,000円:購入枚数5枚

・2月1,000円:購入枚数10枚

・3月500円:購入枚数20枚

結果として、平均単価は以下になります。

・購入総額:8万円

・所有枚数:85枚

・平均単価:941円

このように平均単価が下がるため、価格が下落しても損失の幅を押さえられ、価格が上昇した時の利益幅が広がります。

2.感情に左右されない投資 人というのは感情を持っているため、どうしても欲や恐怖が出ます。例えば、相場がちょっと上昇して利益が出ると、欲を出して一気に購入します。えてして、その後暴落し、大きな損失を出します。また、相場が下がって含み損が出ると、損失を恐れて購入を止めます。ところが、価格が反発したのに利益を取り損ね、損失を解消できるチャンスを逸します。 ドルコスト平均法はそんな感情の入ることが無いため、安定的に購入が継続されます。一度にまとめた額のビットコインを購入しないため、高額な利益は得られませんが、長期的に安定した利益が望めます。